2013年11月27日

学生サステイナブル・デザイン・コンペティション 〜お気に入りデザインに投票を!〜

IIDAの会員/非会員に関わらず、インテリアデザインを学ぶ世界中の学生対象のオリジナル・サステイナブル・デザイン・プロジェクト・アワードです。

この学生サステイナブル・デザイン・コンペティションは、その学生自身の説明により創造的で地球に優しいという概念を強く発表できた方を表します。

あなたの斬新なアイディアを知らしめるチャンスです。

応募締切が11/21/2013だった為、今日から12/12/2013まで皆様の「お気に入り投票」を受け付けます。

http://www.iida.org/content.cfm/ssdc-view-and-vote

の83作品の中からコレと思われる作品にクリック下さい。

お一人様24時間に1回投票できます。

ウィナーは12/13/2013に発表され、”People's Choice(皆さまのお気に入り賞)"に選ばれた作品には、アップルのiPadとIIDAの無料会員権が与えられます。
posted by IIDA日本支部 at 10:08| IIDAからの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

10月月例会報告 鹿沼市組子見学会

秋晴れの10月30日水曜日。 10月の月例会として、少し遠出をして、
栃木県鹿沼市の伝統技術、組子の見学会が行われました。
2010年に続いて2度目の鹿沼市訪問になります。
IIDAのメインテーマの一つ、「NIPPON DESIGN」 の活動の一環です。
新宿と池袋から、JR特急日光1号に乗って9時過ぎに新鹿沼駅着。

「木のふるさと伝統工芸館」

鹿沼市の伝統工芸を紹介する展示館です。
今年7月、OZONEでのIIDAの30周年展示で、美しい組子を見てはいましたが、改めて、
素晴らしい技術を目の当たりにして、うっとり。 技術の繊細なことに感動しました。

a.jpg

b.jpg

c.jpg

加えて、鹿沼ぶっつけ秋祭りの彫刻屋台の迫力に驚きました。
日光東照宮の匠の伝統を、目の前で見ることができます。

d.jpg

e.jpg

f.jpg

毎年10月の秋祭りでは多数の彫刻屋台が町を練り歩きます。
道路の交差点で、3〜5台の屋台が向かい合って行うお囃子の競演を「ぶっつけ」と呼ぶそうです。

野州麻紙工房

町の中心から車で30分ほど。日本でも数少ない麻糸の生産農家に伺いました。
麻について、今まで知らなかったことをいろいろ学びました。

g.jpg
麻について深いお話しをしてくださった、日本麻振興会、大森由久氏。

日ごろは麻というと、織物としてしか馴染みがありませんでした。
横綱土俵入りの際の白い横綱は麻、お盆の送り火を焚くおがらは、表面の繊維を取った後の麻の茎だということをご存知でしたか。

h.png

耕した土地でなくても、種を一掴み蒔けば、3か月で2〜3Mに成長するほど丈夫な麻。
縄文時代から、日本人の生活に密接に結びついていたそうです。

i.jpg

j.jpg

刈り取った麻を乾燥させ、何度も水にくぐらせ、ムロで発酵させます。
黄色く変色した麻の表皮を、手作業でスルスルとはがしていきます。

k.jpg

l.JPG

むいた皮を薄く延ばして乾燥させ、繊維に仕上げていきます。 乾燥すると美しい白色になります。

Caféぎゃらりー納屋

o.jpg

大森氏の息子さんご夫妻は、麻紙(まし)のギャラリーとカフェを経営されています。
建物はほとんどお二人の手づくり。 建築資材は、取り壊された古い民家から譲りうけたものを再利用しています。

屋根は麻の茎。 中に入ると、壁紙は麻紙。 床には味わいの深い石材。
シェードに麻紙を使ったペンダントが柔らかい雰囲気です。 

p.jpg

q.JPG

s.JPG

r.JPG

t.JPG
大森ジュニアご夫妻。

日本の麻についての情報は
http://uruoinosato.sub.jp/index.php?%E9%BA%BB%E5%B7%A5%E6%88%BF

鹿沼名物、にらそばの昼食です。

u.jpg

おいしい蕎麦と、柔らかくしゃっきりしたニラが、思いがけずとてもおいしかったです。


(有)豊田木工所に到着

v.jpg

OZONEの展示でお世話になった(有)豊田木工所の豊田皓平氏が、店舗と工場を案内してくださいました。
豊田氏は伝統的な組子の作品以外に、従来にないデザインの作品を製作しておられます。

w.jpg
すべてのピースの角度が違います。

z.jpg
整理箱 組み合わせ自由

x.JPG
手前は漆をかけたパフユームケース。蓋に磁石がしこんであります。

工場と店舗にたくさんの美しい試作品が並べてあります。
一片一片が見事な細工でくみ上げられています。

(有)吉原木芸

こちらは組子のくみ上げ専門の作業所です。

aa.jpg

zbb.jpg

zf.jpg
吉原木芸の後継者、吉原秀美氏が、集中して製作中。

zj.jpg
工場のアイドル、金太郎くん。
段ボールには木くずが詰まっていて、お気に入りのベッドになっています。

組子体験にトライ!

一柄を何分で組めるかな? 小学3年生は10分。 私たちは・・? 

zh.jpg

zg.jpg

zi.JPG

できました!
IIDAメンバーの右奥が、吉原木芸代表の吉原幸二氏。手前が潟Aルエの高瀬氏。

(株)アルエ

最後に、一日中、運転してくださった(株)アルエ 高瀬一男氏の工場にお邪魔しました。
建具の町、鹿沼で、大きな工場を経営されています。 建具業界のやや古い体質の話、住宅メーカーと組んでのビジネス創出、新しい試みの、フラットな神棚の話など伺ううちに、あっという間に電車の時間になりました。

神棚.jpg
新しいデザインの神棚。 神棚には形の決まりはないそうです。

zk.jpg
工場で高瀬社長に襖の部材の説明を伺っています。

豊田様、高瀬様はじめ鹿沼の皆様のおかげで、
大変充実した1日でした。
お忙しい中、皆様、ありがとうございました。
来年の、ぶっつけ秋祭りの時期に、また行きたいですね。
posted by IIDA日本支部 at 22:55| WA・A project/アジア企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

ロンドンインテリア視察ツアーのお知らせ

IIDA Japan Chapter企画
ロンドン視察ツアー2013
100% DESIGN LONDON&Decorex International
2013年9月18日〜9月26日

ロンドンで9月に開催される2つのインテリア展示会を視察するツアーを企画いたしました。
話題のデザインホテルの見学や宿泊も予定したプランです。是非ご参加下さい。

日程:9月18日(水)〜9月26日(木)
目的地:1.ロンドン 2.コッツウォルズまたはロンドン郊外
主目的:■インテリア見本市視察
      1. 100% DESIGN LONDON(9/18-21) 2. Decorex International(9/22-25)
     ■St. Pancras Renaissance London Hotel 見学&アフタヌーンティ
     ■コッツウォルズ観光予定(1日バスツアー)
※オプション:インテリアスクールセミナー受講(主催・金額支払い別途) KLC School of Design(9/19  9/20  9/23  9/24)
宿泊予定ホテル:St. Pancras Renaissance London Hotel、Le Meridien Piccadilly 他
予定航空会社:ヴァージンアトランティック航空(VS)または日本航空(JAL)
催行人数予定:10人
旅行社:株式会社ジェイワールドトラベル 担当:君嶋
参加申し込み締め切り:2013年8月9日(金)
参加申し込みを希望される方は、IIDA細井(cspace1016@me.com)までお知らせ下さい。
申込書など必要事項をお知らせします。
※航空券確保の期日が迫っており、締め切り日まで時間があまりないこと、
ご了承下さい。
旅行代金:350,000円
(金額に含まれるもの:往復航空券(エコノミー)、ホテル宿泊代(朝食付)、ホテル見学、アフタヌーンティ料金、コッツウォルズツアー代金、燃油サーチャージ)
※オプションのインテリアスクールセミナー受講料金は上記金額に含まれません。
※展示会視察の事前申し込みは各自手配になります。
ロンドン視察ツアー2013.pdf
posted by IIDA日本支部 at 11:45| IIDAからの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

Rainbow Project ご報告と御礼

IIDA Japan Chapter 設立30周年の記念イベント会期中に、南三陸ミシン工房支援の第一歩として、Rainbow Project では以下の活動を行いました。
7月 6,7日、13,14日 チャリティマルシェを開催致しました。
会員の皆様から事前にご寄附頂きましたなファブリックスを利用して、ミシン工房さんにオリジナル巾着やカフェエプロンを作製、またIIDA会員や関係者の方々のご協力により素敵作成された小物やバッグなども販売致しましてご好評をいただきました。

7月9日、12日 セミナーでのHappy Tree 参加の呼びかけ

9日 OZONE でのシカゴ IIDA 本部から CEO の Cheryl Durst 女史をお迎えしてのセミナー「The Future of Design and its Global and Cultural Impact」と、12日 木材会館での 建築家ジェフリー・ムーサス氏による記念講演「IIDA Japan Chapter 30th Anniversary Seminar」にて、今年の支援先の南三陸ミシン工房さんのご紹介とHappy Tree 参加への呼びかけをいたしました。満席に近いセミナーでたくさんの方に活動を知っていただき、ご支援のHappy Tree を大きく育てていただきました。ご協力ありがとうございました。
12日はセミナー参加の皆さまには、会員から南三陸ミシン工房さんとつながることのできるポケットティッシュをお渡しさせていただきました。

7月15日 「南三陸の女性たちと歩んできて」 代表 熊谷氏の話とミシン工房商品の販売会

15日 OZONE にて、南三陸ミシン工房 代表熊谷氏より、ボランティアから始まって今に至るまでの道のりや南三陸の現状とそこに暮らす人、お母様たちのこと、ミシン工房の活動についてなど貴重なお話しを頂きました。涙なしには聞くことのできない変わらない現状、その中から自分たちをみつめ「おらほもあんだほもがんばっぺし!」と私たちへの応援メッセージをくれるおらほもあんだほもがんばっぺし!Bagなどの販売会をいたしました。

販売会では、通常の2倍の作品をお持ちいただいたとのことでしたが、なんと、完売!!!

イベントにご来場いただき、支援先である南三陸ミシン工房さんを知っていただき、そしてこのProjectにご賛同いただき、感謝いたします。皆様のお気持ちは工房設立資金として届けさせていただきます。本当にありがとうございました。

また秋には、この南三陸ミシン工房さんを応援に現地を訪れるツアーを企画予定です。お楽しみに。

Rainbow Project 担当 原口恭子 渡邊あや

*Webサイトもご覧ください →こちらから
posted by IIDA日本支部 at 00:00| Comment(0) | Rainbow project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

Go Forward project! −第5回目「環境配慮型の健康住宅デザインのコツ」−

いよいよ最終回の5回目、多くの方々にご参加頂き無事終了致しました。
心から御礼申し上げます。

5回目は“環境への意識の大切さ”を改めて実感するセミナーをお聞きすることが出来ました。Green、Lohas, Leed, Sustainability, Organic、Re-use・・・最近よく耳にするこれらの言葉が世界でどのように扱われ、新しい取り組みがなされているのか。
米国で「環境に優しい」をコンセプトに造られたホテルをGreen Hotelと呼び、その肩書はホテルデザインの中で注目されていたとのこと。住宅やオフイスではそれらをどのように取り入れていくべきか。素材としてのオーガニックウールとは、・・・云々。こうした自然素材のインテリアへの取り入れ方の大切さ。その実体は興味深く、レクチャーは最後まで魅力あるものでした。

最も人々が関心を寄せる環境問題。国家規模での取り組みがなされても、未だその成果は十分に満たされていないのが実情です。健全な生活や健やかな人々が多く生まれることを願い、このウェーブが“地球プロジェクト”として隅々まで届くのを願うばかりです。
おかげ様でこのプロジェクトの第1弾、多くの方々にご参加頂き、好評を得ることが出来ました。
「日本のインテリア界をもっと元気に、そして、明日を担う若者を育てよう!」の主旨のもとに立ちあげたものです。

今後も、また皆様のお役に立てる企画に取り組んでいきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

プロジェクトリーダー 根元美奈

gf05.jpggf06.jpg
posted by IIDA日本支部 at 00:00| Comment(0) | Go Forward! project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする