2016年03月21日

日本民藝館を見学して

―日本民藝館を見学してー
■建物と収蔵品を楽しむ
image1.JPG
NIPPON DESIGNでは3月〜6月までを日本の美しいものを「再発見」する期間としていますがその一環として駒場にある民藝の父・柳宗悦が作った「日本民藝館」を訪ねました。今回はメンバーのスケジュールに合わせて3月16日と4月20日と2班に分けての見学です。
昨秋、パリで「Tatazumaiー佇まい」と題して現代の日本人作家による生活工芸の展示会があり話題になったそうですが、鑑賞する美ではなく用の美―普段使いの美こそ私たちの日常を豊かにしてくれるものでしょう。その源を探るための今回の見学となりました。
駅から駒場の住宅街を歩いて数分、大谷石をなまこ壁風にアレンジした蔵づくりを思わせる堂々とした外観が現れます。満開の白木蓮が文字通り建物に花を添えていました。
入ってみて見学者が多いことにちょっとびっくりしました。その中には数組の外国人の姿も見受けられました。30年ほど前に訪れたときは人影もまばらという印象がありました。
でもその時に強く印象に残った入口真正面の左右に分かれている大階段の存在感はそのままです。白とこげ茶のコントランスが美しいこの吹き抜けのエントランスの力強さはこの館の所蔵品の性格を表しています。バーナード・リーチ、河井寛次郎、濱田庄司、芹沢_介、棟方志功をはじめ、一般の名もない作り手たちの品々―陶芸、染織、木漆等々―はこの建物だからこそその良さが生かされるという感を強くしました。最近はともすると枠や桟をデザインするときに「出来るだけ細く、薄くする」傾向にあるのではないでしょうか?でもそのような空間はここの収蔵品には当てはまりません。まだ行ったことのない方は力強いけれども優しい空間を一度体感してみてください。

■柳宗悦自邸にて当時の生活を想像してみる
image2.JPG
次に見学日限定で公開されている柳宗悦自邸を見ました。民藝館に先駆けて建てられ、民藝館がこの自邸に合わせてデザインされています。和の雰囲気の中に用の機能性を踏まえたこの住宅は美しくかつ暮らしやすかったに違いありません。洋室に隣接する和室の床を30センチほど高くして椅子の人と同じ目線になるようにしている等今の住宅にも応用されている点が見られます。また、書斎の本棚や洋室の作り付けのベッドなどの造作家具にも工夫が見られます。数寄屋造りの凛とした美しさも日本建築の一つの特徴ですが、こちらは実際に人が住まうという飾らない日常の美を具現化した空間になっていると感じました。ここで家族や仲間が楽しく団らんしている様が思い浮かぶようです。

パリでの展示会や外国人来訪者が多いという事を見ても海外でも日本の民藝が注目されているのでしょう。メンバーの小林陽子さんのお薦めの「Discover Japan―世界はなぜ日本の物つくりに惚れるのか?」によれば「ニュー民藝」と言うジャンルができつつあるようです。
この本良いですよ!!民藝の基礎と今を知ることができます。
今度はどこの視察かな?? 楽しみ!!
(高桑)

posted by IIDA日本支部 at 19:37| Comment(0) | NIPPON DESIGN 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今後の予定(2016年 3月〜4月)

NIPPON DESIGN 2016では6月までの期間を「再発見」時期と位置づけ
月に数回、見学会や勉強会、ミーティングを行っています。
単発で参加してみたい、どんな感じか知りたいというIIDAメンバーの方は
お声がけください。企画によっては人数に限りがある場合もありますが
途中からの参加も大歓迎です!

【全体/見学会】
4/7(木)「品川プリンス・レジデンス」×夏水組 第3弾 内覧会見学
 出席予定:高桑 渡邊 網村 小島 安東

4/20(水)日本民藝館 本館 & 西館見学
 11:00 駒場東大前 駅集合
 出席予定:小島 室賀 古澤 原口 渡邊 


【Aチーム/プロダクトデザイン】
4/11(月)13:00 布(六本木AXIS内)集合 
 その後角田邸にてミーティング予定
 出席予定:角田 細井 古澤


【Bチーム/空間デザイン 民泊など】
3/23(水)14:00〜 ミーティング
 場所:グランドプリンス新高輪1F 新高輪ラウンジ集合
 出席予定:細井 渡邊 室賀

NIPPON DESIGN 2016
実行委員
細井絵理子

posted by IIDA日本支部 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | NIPPON DESIGN 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

まずは「再発見」その後「カタチ」へ

NIPPON DESIGN 2016 について

1.「再発見」から始まる
NIPPON DESIGNプロジェクトでは、単に「和風」デザインをするのではなく、
私たちが和の素材や技術の力や魅力を「再発見」し、
その後インテリア空間やプロダクトという「カタチ」として
デザインに落とし込むプロジェクトになります。

【2016年3月〜6月頃】
それぞれのチームが情報を共有し合いながら共に
まずはそのさまざまな日本の美しいもの尊いものを
「再発見」をする作業を進めていきましょう。

【2016年6月〜7月】
そして次のステップは、私たちに<出来ること><やってみたいこと>を
「見いだすこと」になります。
さまざまな工房や産地で見てきたものを吸収し、自ら何を生み出したいかの
ディスカッションを重ねることで、方向性が見えてくるでしょう。
※各チームの進行の様子を見ながらこの時期に再度全員が
 集まる「全体会議」を行います。
 その際、チームの編成を再調整します。
(人数が多い場合hそれを分け、2つのグループに跨るかなどの最終決定)


2.「カタチ」にするために
様々な「再発見」作業を経て、皆の中に「新しいNIPPON DESIGNとは」
熟し始めていることでしょう。
ここでようやく対外的に私たちが「何者」「何を売りに出来るか」
明示できるようになります。

【2016年7月〜8月】
そして、ここからいよいよチーム別の戦略が始まります。
どのようなプロセスでデザインを「カタチ」にしていくか。
企画会議や企業へのアプローチを本格化させます。
コンペに応募する場合はその内容とエントリー時期を精査します。

【2016年8月〜2017年2月】
「カタチ」にするための最終作業です。
それぞれのチームの活動内容によって、完遂時期は前倒しになっても
2017年を過ぎても構いません。

3.「カタチ」を「伝える」ために
このプロジェクトは参加メンバーが仕事の幅を広げるきっかけにしたり、
新しいネットワークを構築するためのものでもあります。
そして自らがここでの活動を「発信」することも重要と考えます。

【2017年3月】
是非IIDAの月例会やセミナーで報告できる機会を作りましょう。
また、IIDA本部のチャプターアワードへのエントリーも準備していきたいと考えています。

NDP2016
細井絵理子

posted by IIDA日本支部 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | NIPPON DESIGN 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

NIPPON DESIGN 2016 始動!

いよいよ始まりました NIPPON DESIGN 2016

現在、プロジェクト参加人数は13名。
そのうちの11名が2016年2月16日(火)19:00〜角田邸で行われた
発足式&合同ミーティングに参加いたしました。
室賀さんは栃木県の鹿沼市にお住まいですが
この日はスカイプで参加してくださいました。

プロジェクト参加者(敬称略 順不同)
小島真知子、高桑郁代、角田嘉代子、安東薫、丹羽ちせこ、細井絵理子
渡邊あや、原口恭子、小林陽子、網村眞弓、笠井市造、古澤佳子、室賀裕子

「NIPPON DESIGN project 2016」では30周年記念でのプロジェクトの時のように
日本にある様々な伝統技術や素材を再発見し、新しいデザインの切り口で
IIDAメンバーの手で表現・デザインし発表しようとする試みです。

プロダクトチームのミーティングの様子。皆笑顔が溢れています。
IMG_0626.jpgIMG_0627.jpg

この日はまず発足式からスタート。
小島プレジデントの挨拶に始まり、私細井よりこのプロジェクトの趣旨説明があり、
そのあと参加メンバーがそれぞれ、なぜこのプロジェクトに参加しようと考えたか、
熱き思いを語りました。

チーム編成は少々難航(?)いたしました。
それぞれに色々チャレンジしたいジャンルがあり、
また、皆の豊富なアイデアを聞き、どのチームに所属しようか
一つではなく2つに参加しようか(いわゆる二股といううやつですね^ ^)
など、決められなかった人が続出。

そこでしばらくは全員で勉強会や見学会、ミーティングのスケジュールを共有し、
参加できるところには自由に参加することにいたしました。
最初はこのような緩やかなチーム編成とし、
4月以降をめどにチーム別の活動を本格化させることといたしました。

このプロジェクトでは約1年をめどにプロジェクトを進めていく予定です。
少人数複数チームを発足させ、各自で連絡を取り合い、
ミーティング回数などは自由。
その代わり月一回はこのようにIIDAのブログで各々の活動報告をしていく予定です。

今からでもこのプロジェクトに参加することはもちろん出来ます。
是非参加してみたい、この見学は面白そう、
という方にも是非手を挙げていただければと思います。
ご連絡はこちらまで。
NDP2016 細井まで(contact@iida-japan.jp)

《3月のミーティング予定》
 □チームA/プロダクトデザイン
      3/9 10:30 JAPAN SHOP 2016 (株)太陽ブース視察他
      3/9 15:00〜 片岡屏風店にて見学&ミーティング
 □チームB/空間デザイン
      3/23 ミーティング予定(時間・場所 調整中) 
 □チームC/空間デザイン
      3/3 夜 小島邸にてミーティング予定

                        IIDA Japan Chapter
                            細井絵理子
posted by IIDA日本支部 at 10:35| Comment(0) | NIPPON DESIGN 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする